« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004/10/31

久々原宿を歩く

従兄弟が2人長野から上京してきた。
小学生の女の子が東京といえば原宿と渋谷109とサンリオピューロランドに行きたい、というご要望だったため、今日は一緒に原宿へ。

要は、東京の若者の文化に触れたい!ということだったのだが、若者の文化の町ということでその3つが果たして正しいチョイスだったのかはうっすらと疑問に思いつつ・・・でもせっかくだから楽しんでもらおうと竹下通りとラフォーレを一緒に探索した。

harajuku2.jpg

ラフォーレに行ったのは大学生時代以来だったけど、今日またみてみると・・まるで価値観が合いません(泣)。

何が楽しくて古着380円均一を獲物を得たかのようにかご一杯に買いあさったり、洗濯すると穴あきそうなセーターに3万円払ったり、どくろマークの鎖かたびらを見てかわいーと言ってみたり。あ、これ従兄弟ではないですけど。

買い物客らの表情には一種の悦楽感が漂っていた。
そこには疲れたサラリーマンの哀愁のようなものや、ちょっとでも商品をけなすような態度や発言は木っ端微塵もない。けれど、その笑顔は何かおかしいw。コムサデモードのショーウィンドウの人形のようですぞ!

学生時代はアナーキージーンズや毛皮コートとかよく着てたときは、ラフォーレが文化発信地としてときめいていた。元旦の福袋なんかよく買って(きてもらって)たもんだ。社会人の今はすっかり普段からコンサバ。それと同時に興味関心が全く違う方向に行っていた自分に気付く。


さて、従兄弟ですが音楽をやってます。

東京と長野を行き来しつつ自然の中で人の気付かないような繊細な音を集めてコラボレートしたり、中学でCDデビューしてから今に至ってがんばって活動してます。
よかったらCD買ってあげてね。

Eke In Eke Out
KOHKI

ソニーミュージックエンタテインメント
2003-04-09
売り上げランキング 135,850

おすすめ平均 
KOHKI
Eke In Eke Out

Amazonで詳しく見るby G-Tools


P.S.あと一歩足を伸ばせば、尊敬する切込隊長のサインをもらいに行けたのだけど・・!

やっぱちょっと恥ずかしいかも。あーでも本当は行きたかったぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/29

無敵会議「検索会議」いってきました

ざっくばらんな所感です。

今回も面白かった。
毎回、参加するたびエネルギー充電されます。
前日の仕事疲れで半目状態で聞いてたのですが、でもよかった。

ystはリリース直後は検索の優先順位表示について色々な議論があったけれど、結局はあまりgoogleと変わらないだろう、というオチだった気がする。

けれど検索の鉄人関さんのお話など、人の感覚を取り入れて随時手直ししPlanDoSeeを繰り返していることを聞いて、徐々にこれからユーザーの感覚に近い検索ツールになっていくんじゃないかと期待させられた。
企画と検証とが近い位置にありながらタッグ組んでることに感心。詰所で技を磨いている姿を垣間見た気がします。

恒例のwhat、how、whyの3点セット(?)問題では、テンション系の回答が多かったようです。

受賞したSNSとテンションを組み合わせたサービスは面白かった。
感情とかテンションが近い人同士で「おう、オマエもか」と共感しあいたいんですね。いや、私も共感しあいたいです。
なんか着かず離れずな関係を実現できそう。そんな時代感なんだ。
 そういえばドラえもんで以前、怒ったジャイアンの居場所がマップ上で台風の目として表示されるアイテムあったかも(笑)。近い気がします。

肩書き気にせず無法地帯に踏み込んだ気持ちになれる無敵会議。
これからも期待してます。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/10/28

震災募金受付サイト

お金が入ると懐が暖まる給料日直後です。

新潟での震災、どのサイトでも募金やってますね・・。
http://japan.internet.com/busnews/20041028/5.html
http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/
http://www.nifty.com/tokusetsu/

壁超えて団結して助け合うっていいですね。

 でもこれ、どこのサイトから募金が一番多かったか統計取りたい。

 道の先輩)ほんとは、受付サイトでリアルタイム表示だしてくれると、みんな競い合っていいんじゃないかと。

 ナイスアイデア!

 その道の先輩)実際、募金とか投票の際にリアルタイム集計を公表しておくと、利用率が格段に上がるらしいし。

こういうのID決済とか小口用の決済手段もってるところはやりやすいんだろうなぁ。
あるところは、お買い物と一緒に受付するって言ってるし。


ところで募金の市場ってどうなんでしょ?
NPOとかボランティアの世界は一時期盛況だった頃のブーム期が過ぎて、伸び悩んでいるようですが。

今回の震災のようにみんなが関心もてば、お金って動いていくんでしょう。
特に今回は映像で土砂崩れの中から男の子救出される場面を見たりして、がんばれって感じで「情」が動いた。

絶望的なところではなくて、支援があれば助かる。
手を伸ばせば力になる、「あとちょっと」感が感じられる内容に、支援は集まる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/26

テレビいし

山口のお土産やさんで500円でGETしました。
041026_093001.JPG
下にあるものが表面に浮き上がって見える。
upper.jpeg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/25

災害時の役立品(早っ!)

毎日のように送られてくるアイコンのDM。
ふと開いたら、こんな広告が載ってました。

……………………………………………………………………………………………

  □■□――――・――――・――――・――――・――――□■□
 ┏━┳━┳━┳━┳━┓地震・停電・災害・交通機関の混乱
 ┃地┃震┃に┃台┃風┃  いざという時に 頼れる1台♪
 ┗━┻━┻━┻━┻━┛ 
  ≪発電装置≫≪ラジオ≫≪ライト≫≪ケータイの充電≫ 
  自家発電機能だから 災害時以外でも★節電対策★
  http://www.aicon.org/multi/frame-index.htm
  □■□――――・――――・――――・――――・――――□■□
   
……………………………………………………………………………………………

しかし・・・早いっ!
昨日の今日ですぐ載るあたり。DM担当者の裁量ですね。

確かにいま欲しくなる商品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/24

企業でブログを使うことゴッゴル

企業でブログを使うところが増えている。

ところでこれを企業が使う利点はなんだろう。

SEOされやすい、更新が楽とは言うまでもないらしい。

しかし、味の素日産TIIDAのページを見ていて、
会社のサービス企画者の「生の声」または「こぼれ話」「裏情報」的なストーリーを発信すること=プレミアム持たせることで、またまさに市場に出る前の予告的な情報を盛り込むことで、「先もの好きな層」を取り入れることができたら、大きな成果につながるのではと思う。

トラックバックするまでというと、掲示板よりちょっと敷居が高い気もするけど、コメントがどんどんついていく形なのかどう広がっていくかはまだちょっと見えない。
またはむしろトラバしてくれるような顧客は自分のblogを持っていて情報発信力が高いということだから、それがふるいになるのかも。

その先もの好きな人たちにうまくその企画へ参加している意識を持たせられれば、自発的に良い情報を発信してくれるオピニオンリーダーとして育つ可能性もあるのではないか。
そうしたら自然発生的なクチコミを仕掛けられることになる。

読者は「人」につく。
企業とか組織とかいうよりは顔の見えるところに寄るから、個人感覚に訴えるようなものも大いにありだと思う。

但し、間違えば社長の個人日記と同じようにしょーもないblogになる可能性もなきにしもあらず。

ゴッゴル(申し訳程度に)

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2004/10/23

萩に行ってきました2。

いちおう歴史調べたのが、毛利輝元が関ヶ原の戦いで豊臣氏の味方をしたために領地を追いやられて住み着いたのが萩だったようです。
確かに立地的には国の中だけ見た場合あまりに隅っこでかけ離れた場所。でも日本海に面していたのが外国文化の刺激を受け、吉田松陰ほか高杉晋作、久坂玄瑞、前原一誠、伊藤博文、山県有朋等・・人材を輩出する条件になったようです。
全体としてこじんまりとして住みやすそうな場所でした。

今年は「萩開府400年」だそう。
そういえば自分が旅行するときって京都でも400年記念のときだったり今回も400年と、何かと400という数字に縁があるようす。

先日も紹介した菊屋横丁にある菊屋家を訪ねました。

勅使のためのお庭。Marvelous!

041017_1611011.JPG tsukubai.JPG


右は「蹲踞(つくばい)」ですが、水が跳ねて勅使の着物にかからないようにわざと堀を深くしてあるそうです。
案内のおばあちゃんが色々教えてくれました。

ちなみに案内してくれる老人、おそらく自治体で雇っている人で、豊富な知識経験を
生かして半分ボランティアのような形で働いているようです。
やりがいがあるとのことでご老人の生きがいにもなってるようす。いいすね。

あとは、吉田松陰の松下村塾と松陰神社へも足を運ぶ。
境内であんま歴史的に重要ではないと思われるマイナーな場面ばかり撮ってしまったのですが、
・・えーと何だったっけな、竹は「孝行竹」と書いてありネーミングに惹かれて撮りました。
あとは説明なし。

take.JPG iwa.JPG


また、萩焼きということで横丁の萩焼き窯元を歩いて回りました。
だんだん途中からどのお店も同じ商品売ってることに気付き・・w。
量産しやすいようです。
一般的な旅館などでよく見るおちゃわん、けっこう萩焼き使ってるところ多いのではないでしょうか?

ちなみに萩焼きは朝鮮から焼き物師を連行して作らせたものが文化として定着したそう。
それでなくても日本各地の焼き物師はだいたい高句麗などからつれてこられた人ということです。
日本て複雑なことしてますね・・。

朝鮮の文化が日本に根深く定着している一例。


最終日は宮古島を回る。台風で壊れたのを修復やっとできたようです。

torii.JPG neko.JPG

今日の語句:「判官贔屓」(はんがんびいき)負けてるものを応援したくなる日本人固有の感情

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/21

萩に行ってきました。

折りよくJRで山口観光の車体広告も出てたので、ちょっと期待して行ったのですが、なかなか良かった。

ちなみに、高杉晋作の誕生地や木戸孝允の旧家がある菊屋横丁にて、菊屋家に展示されてた陶器はツボでした。

happa.JPG

このはっぱみたいなもの、勅使などの来客時に出す"お盆"だそうです。焼物だったのですがよくできてます(隣の湯飲み茶碗と比べると大きい!)。こういうデザイン、自然物の模倣で形として手を加えてないのにとても洗練されているように見えます。

そういえばどっかでも見た・・と思ったら、恵比寿にあるインテリアのお店で見た、フォーシーズンなどバリの高級リゾートホテルのレストランで使用されているJenggala(ジェンガラ)社のテーブルウェア。

1.jpeg

それよりもっと前からこのデザイン使われてますよ。


#RSSリーダーで使っているgaritto、どうもpass弾かれて入れないなぁと思ってたら・・・
<※データベースに障害が発生した影響で以前のパスワードがご利用いただけなくなっております。「パスワードを忘れた」よりパスワードを発行して頂いて,ログインしていただきますようにお願い致します。お手数おかけ致しまして,申し訳ありません。>

そんなことってあり!?(社内でパニックになってる模様)

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2004/10/18

錦帯橋へ

広島から高速飛ばして山口県岩国は錦帯橋へ。5連アーチの木造橋で水害でも流されない強い橋。昔の人の技術もすごいです。橋は架け替え工事工事が終わったあとで木の香りがまだ新しかったです。
041017_100601.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/17

神前結婚式

従姉妹の結婚式でした。
神前結婚式で木靴がキュートな神主さんや巫女さん達の踊りもでてきてなかなかムーディ。

両家の親族が2列に分かれて参列する形でしたが、指輪の交換をした後に新婦が新郎側の列にこちらを向いて座ったのを見て、目の前のいつもの彼女はもうN家にお嫁に行ったのだなぁとしみじみしました。

shiki1.JPG  miko.JPG  ERICA.JPG

また結婚は家と家のつながりなのだということを感じました。
いまこの瞬間は若い二人の結婚式だけれど、この結婚が原因となって子供が生まれそこからまた子孫が生まれると考えると、この結びつきは血統としてあとにつながっていくもの。
結婚を当人達だけで決めてしまうことは軽率なことなのかなと思いました。古式?そして親族や証言者の立会いのもと、通過儀式って大事だなぁと。
かたちって大切・・。
しかし救われたのは全くお涙頂戴状態にはならなかったこと。

披露宴は吉日の祝日だったせいか、当日15組ものカップルの披露宴が執り行われたとのこと。喜ばしいです。

ご両家の方そしてエリカちゃんおめでとう!

hana.jpg

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004/10/16

広島にて

モブログ試してみます。今日は従姉妹の結婚式です。
リーガロイヤルホテルから見下ろした図。
HIROSHIMA.jpg

| | コメント (38) | トラックバック (0)

2004/10/15

そしてチタン

チタンはCMでやるばかりで、市場としてはちゃんと成熟していないのかな。ファッション業界はまだまだ、Webに力を入れていない感がありますが、どこまで市場に流通しているのかわかりにくいですね。こういうのをもう少し調べて、投資 or 起業チャンスと見ている人もすでにいるんでしょうね。(健康系のWebサイトはその一環なのだと思いました)

なりほど。

ちなみにチタンて、素材としてすごくフラットで均一で色味がなく、主張がないよね。
今の時代感にあってるというか。
これをデザインの現場で加工してインパクトある製品になる要素かなり持ってると思われる。

アーティストがブランドと連携して市場に製品が出回ってくると、
文化を発信するじゃない?

だからそういうデザイナーやアーティストと提携してチタンを取り入れた製品売り出せば、素材の持つ特異性を生かして、そして何か新たな切り口のメッセージが出る可能性を秘めてるんじゃないかな。
新しい主張やコンセプトと素材を「セット売り」して強烈なメッセージを出して見るとか。

美大でそんなことばっか考えてたのでそういうアイデアになりますが。

松本精機のリング、肩凝りに効果あったら教えてください(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004/10/14

I WANT チタンの携帯

D.Yoshi'sさんのBlogより

次は、ボディにチタン製の携帯が欲しいのは私だけでしょうか。電波が干渉したり、電流的にまずかったりいろいろ問題があると思いますが、ぜひ考えてみて欲しいものです。

自分もチタン欲しいです。
だってチタンで電磁場防止効果すごいらしいんでしょ?

先日大井町にあるお店にふらっと立ち寄ったら何やら怪しげなチタン製品発見しました。

まぁ普通のチタンネックレスなんだけど、電磁場防止、肩凝り解消用ネックレスだそうで、普通の細いチェーンが2重になってるくらいで、1万円。
お店の人に聞くと、純チタンてものすごく高価だそうな。金属の中で最も害のない物質で、電磁場などの有害な電波を吸収するとかで最近はヒーリングマテリアル(←と言ってた気がする)として注目されてるとか・・・ちなみに店員さんの彼、次から次へとつらつら話すので途中でさえぎることもできず15分くらいトークを聞く羽目になったのだが、チタンの電磁場防止シールもあるよ、部屋中の電磁場カットするチタンのオブジェ(20万円!)もあるよと色々出してもらってしまいました。

対処に困ってとりあえずチタンシールは試しに買ってみたんだけど、効果はまだよく分かりません。

でも電波さえキャッチできれば携帯のBODY全体チタン製のはかな~り欲しい。
オーダーメイドでもいいスね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/10/13

SO CUTE!な折り紙

グレッグマンさんの作ったORIGAMI。
finished.jpg

。。。で、でかい。サイズが違いますね。
普通は折り紙で作ると小さいのが一般的だけど、アメリカンサイズの折り紙です。

やっぱなんでもデカく!イデオロギーも単純明快。
BIGなことはいいこと、善ですよ善。

ちなみにこれはうちの日本人の祖母が作った折り紙の箱です。
041013_015501.JPG
沢山もらいました。ちっちゃ・・。

日本人は小さくかわいく・欧米人はガツンとでかく。島国ニッポンを再発見でス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/12

バナーUPしてみる

スクールウォーズ復刻版、楽しみっす。

既に泣けそうです。
TV番組で本物の先生が登場してましたが、あの人になら自分もついていけるっ!!と思わせられた。
情熱伝わります。

ちょっとUPしてみましたが。。。(ううーんんん?)ここでバナー設定できるらしい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

NPOと企業の違い?

NPOと企業・・・最近あまり垣根がなくなってきているんじゃないかなとよく思う。

某NPOのレクチャーに参加しましたが、聞いていると、長い目で見て成功している企業って、やはり支柱となるビジョンがシンプルで「世の中の人の幸せのため」とか「社会貢献」的なカラーなり要素なりが明確。
 買い手がそのことを意識して商品を購入しているかどうかは別として、でも結果そういう企業は栄える。どうしてか。無意識のうちにそういうプラスのメッセージを何か電波キャッチでもしてるんだろうか。。
さらにそのメッセージやビジョンないし経営方針が社員にまで浸透している会社が良いといえそうです。

一方、NPOはもともと「社会貢献」が目的。

非営利だとしても社員は給与をもらえるし、構造的な違いは、働き手から見るとそんなに大きくは変わらないように思う。

ところで、働き手のマインドからすると、求めるものはもはや"有名企業"に入ることでもなし、特別金持ちになることでもない。

むしろどれくらい自己実現できるか、そして良いと思える理念と出会ってどれくらい共鳴できるかどうか。そして実態で確かめられるかどうか。
・・これに加えてそれと一定レベルの生活のための収入?

企業側は実現可能なビジョンを提示できるのかどうかと、それに働き手の琴線が触れることが大切。

ってことはそうやって団体ごとの価値観がより普遍的・本質的な方向へ向かってしのぎを削っているような気もします。

企業側としてはそれが優秀な人材を手に入れる条件になるんだったら、そうならないかな。

形態は自由なわけで。
働き手はNPOを選ぶか企業を選ぶか自分で起業するか、やりたいことなりたいシチュエーションが優先。そしてやりたいことって何だろう?ってそのことを悩むのが今の大学生。

普遍的な価値観、理念のようなもの。
これが求められてる場面を見るような気がします、ハイ。

| | コメント (61) | トラックバック (0)

2004/10/11

> 嫌な電車

つらつらとつい読んでしまうDC2Keeperさんのblog、面白いス。
なんでこんなにつらつら書けるかと・・・才能あるんじゃないでしょうか?
しかし、一発ネタ飛ばしすぎです(笑)自分だともうちょい小出ししかできないのは日頃の情報量の違いか。。
エキサイトブログ、コメントしようとしたらパスワードを聞かれて・・??ということでトラバしてみました。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2004/10/09

水質調査

よく遊びにいくアパートの友人の話ですが・・・

昼間頃、水質調査の人が来た。それでコップ一杯の水をおもむろに検査し、「ここは大丈夫ですね」と帰っていった。

んで帰っていったと思ったら、今度は隣の住人のところにまた水質調査をしに入っていったらしい。でも考えるとここは同じ屋上に貯めてるタンクの水を使ってるはず。

一つの部屋の調査で済む筈なのになぜまた隣の住人へ・・・?

はい、実はその水質調査、水の浄化装置の訪販だったらしい。
友人は学生だったので水質調査員はたまたまあきらめて帰ったらしいですが。

販売方法って色々あるんだな。昼間家にいないから全然知らなかったけど。
調査って良い名目ですね、いまはコンサル・問題解決で営業活動、コールセンターが代理店活動する流れになってます。しかし、水質調査員、昼間の主婦を狙うそのねらい目はビンゴです。

自分もそういうのあったら何て言おうかな、「学生です」って言って反応みて見たい気もする。
色んな意味で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/08

海・トンボ・感傷

久々に晴れました。そして海へ!

すごい勢いでトンボが何百匹もひゅんひゅん飛んでました。周りは海しかないのに何を食べて暮らしてるんだろうか。上昇気流に乗ってました。

ちなみにトンボは東洋画でよく先祖の象徴として描かれるようです。眺めてたら、これが一つ一つの先祖の魂だったら・・・なんて感傷に浸る。一人につき何匹の先祖いるんだろう、2×2×2×2×・・・やめよう。

そもそもトンボで思い出したのが赤とんぼ=特攻隊。靖国神社で売ってる「英霊の言の葉」は半端なく本当に泣ける。丁度同じ年代の若者が特攻隊で飛び立つ前に家族に向けて書く遺書をまとめたものだが、死を前にして考えることは自分のことより家族や愛する人への気遣いなのだ。純粋で晴れやかな表情の写真を見ているとこれこそ煩悩のない境地だと思う。今の自分の世代と比べると・・かなり考えさせられる。

・・・とかなりシナプス飛んで感慨にふけるが、帽子をかぶり忘れて飲んべいのような焼け方をしてしまいました・・・!

TS28001.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Re: October blog dinner

午後突然ハヤトさんからのお誘いでblog dinnerへ。

ちなみにハヤトさんEビジネスに余念のない方。いまのEビジネスの勉強会や研究会はgive&give&givenな関係、ここにも一つの魅力があるとおっしゃってました。
なるほどぉと思います。御意ですな(確かにアンテナ似てるかも^^)。

会合ではまたしても社内の人と初対面。なぜにいつも社外で社員と初対面になるんでしょうか。
タテな会社です。

何人かの方とお話しましたが、国際的なムードでした。
それぞれ個性的なブログもってて特にブログ関係の方もいて刺激的。

会合後、竹林さんと吉森さんとで、自分達初心者ブロガーがどう「書き続けられる」かについて語ってみる。というか一般人にどうこのサービスを定着化できるかを考えてみる。
この話題はしばらく続きそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2004/10/06

ねぎだくだく

先日のSさんから教えてもらったねぎ料理(ていうかツマミか)

naganegi.jpeg

<レパートリその1:ねぎだく>
・鳥皮の油だけで、刻んだねぎを炒める。
※ねぎは大量に刻んで刻みまくる

<レパートリその2:ねぎばくだん>
・刻んだねぎと卵と小麦粉で要するにもんじゃ焼きを作る。
 レモン汁と醤油をかけるといくらでも食べられます

| | コメント (25) | トラックバック (0)

京都つながり

今夏の京都出張ついでに、鹿王院の宿坊に泊まったとき相部屋になって知り合ったSさんと地元の沖縄料理屋へ。
京都で知り合って、住んでいる場所が地元30分圏内でした。

tera_rok2.jpeg040808_070301.jpg

一人旅京都の醍醐味を語りました。あの時は川の字になって寝たねぇ、とか京都でおすすめのカレー屋の話とかで盛り上がる。
あとおすすめしてた建仁寺(←ここはマジでいいです)はこんどまた見てくるという約束で。

お互いの間の取り方が心地よかった。あまりプライベートな話でつっこまれることもなく、別に意識して境界線を張ってるわけでもなく。
なんというか空気のような関係。いいですねぇ。


| | コメント (7) | トラックバック (1)

ネットでの出会い

メールでのやりとりだけで知り合ったR子さんと数ヶ月後の先日、丸ビルでリアル対面。
こういう出会いは初めてです。

成り行きで身の上話などするうちにじゃあ今度会おうという約束に。
実際お会いして見ると、きれいな人だけどメールのやりとりの様子とは違って意外に
口の軽い方ではなかった。むしろメールのほうが色々と語れるんすね。

でも既に色んな話をメールで展開した仲で、チーズケーキほおばりながら
言葉足らずでも心の中ではやっぱりイメージ通りだったなぁなんて
つながりを感じたりしたひと時でした。
ちなみに誕生日は4日違い。ふとした時に出会う人って何かしら共通点があるものなのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

息抜き感のするページ

会社のTOPページが更新された。画面が切り替わったとたん、なんかちょっと開放感がでたかも・・?

どこが違うのだろうと思ってよくよく見てみると、バナー広告のシュレックの背景がすんごく遠くまであるように感じて、それで抜けた感がでてたんですね。

01.jpeg

02.jpeg


息苦しいページ、息苦しくないページの違いって、ちょっとした画像にでてくる奥行き感かも。
フゥーー。

この前後の立体感、自分もブログに使ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E研参加しました

Eビジネス研究会参加してきました。アスキー取締役の福岡さんの講話は今までの業界の流れの整理ができてよかったです。仕事に追われていると木を見て森を見ず状態になると周りから言われてたんで-∠-。

質疑応答にて、週刊誌の価値は、情報の速さでいえばもちろんネットに負けるけど、情報の「編集」と、紙媒体が届くというのはWEBと違ってその中でコミュニティのようなものがあるという。
「編集」かぁ・・ちなみに情報の「編集能力」って確かにいまかなり求められていて、しかも丁度自分達世代の人はその編集能力が他の世代よりも高い・・・らしい、日経womanによれば。船井総研の五十棲氏の講演でもこれからはMDから編集の時代へシフトしてるって言ってたし。
なんて脱線してました。

また交流会では主催者の木村さん島田さんそしてcbook24の石井さんとお会いしました。
みなさん初対面だけど自然体でした。何かネット好きなオーラも感じた。
社長さんなのになんて気さくなんですか(笑)。
出会いありで嬉しい交流会でした。

次回のブログの研究会、はてなの伊藤さんだそうです。参加シル。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/10/02

無敵会議(第9弾)参加しました

無敵会議~仕事に役立つツールを会議する~に一昨日行ってきました。

PCでメモ帳を取る習慣をつけようの話、面白かったです。
一人PC画面を見つめていると脳みそがスポンジ状態になって思いつきを忘れてしまう習癖があるようなのですが、メモ帳の起動を一発ボタンに設定して思い立ったらすぐにメモ帳発射っていいですね。IT企業入社後、極端に記憶力が落ちた自分への課題は、いかに早く情報を形に落とせるかであります。

ちなみにメモLOGを取ったあと、キーワードを拾って自動的にマッピングができたら面白いですね。
PCでメモ帳を取る習慣(=BLOG?)が定着していたとして、お友達でその自分メモマッピングを公開して
このキーワードとこのキーワードがつながる発想をする人同士とか、何かイベントできそうじゃないですか?
いつも会議ではその思いついたサービスの目的とか落としどころが勝負かなと思いますが。
落としどころの傾向を見ると、SF夢膨らます系、次世代ビジネス系、男のサガ系(言いすぎ?)、必ずオチと笑いが必要。でもその夢がいいですよね。利害抜きで笑えるって言うか。

ちなみに今回のワーキングループで無敵会議で有名な大向さんも同じ班だったのが印象的でした。
「感動」をパッケージして彼女にプレゼントする発想・・・素敵でした(ずれてたらスイマセン)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »