« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/11

76年生まれの怪

昨日のACフォーラムで思い出しました。IT、インターネットに関して起業して成功している人材に76年生まれが多いといわれている件。

76年生まれというのは0学でいうところの龍座=月星にあたります。
龍座は属性として、IT・ネットワーク・神秘的なもの・直感などを表します。つまりここの年の生まれの人はもともとそのような素質に秀でている傾向があるということ。12年周期なので、あとは64年生まれとか88年生まれもそうです。

そして、それに加えて今年はどういう年かというと大犬座=土星の年であり、人脈・政治・完了などを表す年だといいますが、その対極線上にいる龍座の人が最も活躍する年にあたります。

つまり、龍座にあたる人(76年生まれ)が、今年はSNSやネットワーク的なビジネスをすることでスケールの大きな(時代を動かすような)ムーブメントを収める年。
よくできてるなぁー0学は。と思いました。
あ、これ直接占い師の方から伝授してもらったので一般に広がってない情報のはず。

ちなみに来年はどうなるか?

うーん、予測では「心理」系が来ると思います。「感情」とかを扱う分野、あとは石とか宝石とかヒーリングストーンも流行るかも。そして「海」「海洋に関するもの」「東南アジア」など。
読みはどうでるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

秋の晴れ日の瞑想

Meisou_1
皇居を目の前にして早朝の瞑想。雲が鶏みたい。がんばれ、もうちょっとで鳳凰だ(笑)
この場所は雑念を抜いて良い場所です。インスピレーションが沸くという場所ではないけれどスケールが大きくて大勢の人を収容できる場所。
松の木の下でヨガをすると色んなものが抜けて、自分と外界を遮断する意識の壁がなくなります。
Tokyotower
午前中の晴れ渡った空の先には東京タワーが。周りに車も誰もいない、映画のワンシーンのようだ。

最近、写真や現象から意味づけ・・・詩っぽいことを書くのが好きになった。
あそこまで走っていくとどのくらいかかるのだろうか。
駆け抜けた先には何があるか。繁栄か、空虚か、共にいる者の存在への気づきか。まっすぐな道は何か彷彿とさせるけれど何も考えず自分の足で歩こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

今日の朝ジョグ

Kijido_1
東京駅から九段下のセミナー会場まで散歩しようとしたら間違えて反対方向から回っていってしまったさ。おかげで国会議事堂を初めて正面から記念撮影しましたさ。先日より安倍政権。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/06

花とお菓子と薀蓄と

Ozone_1

こういうインスタレーションに弱い。こういう虚構の世界には惹かれます。 見せ方ひとつで袋詰めのお菓子がいくらでも魅力的になってお店の雰囲気やお菓子に対するイメージの向上=価値の創出をアートが担っているんです。。。やっぱりアート/デザイン・マーケティング・システムがバランスよく三位一体になるのがなんにしてもきっとポイントなんだな(どっかで聞いた話?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

icebar

こちらもだいぶ前ですが溜めてた写真。

第四回webクリエーション・アウォードを受賞されたBlogPeopleのモダシンさん(おめでとうございます!)と翌日ラジオ出演を控えてたnobiさん、社の先輩とついに行ったicebar
やっぱり夢ってかないますね。

で、鼻の先が冷たくなって感覚がなくなるくらい冷えました。ジュースは美味しかった。正直にいえば、ツアー自体は楽しかったですが、お店的にはもうちょっと薄暗くして照明で凝ってみるとか・・氷のほかにも音とか色とか匂いみたいな演出もあったらさらに面白いと思います。氷のアートもいいですね。インスタレーションとか。
あ、あと特定のプロジェクトの発表会会場とかにしてみたら?マシン凍りつくかな。。
Icebar_tilte Icebar Iceglass
色とりどりのドリンク。
Glasses Icewall

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

神楽坂の密会

ためてました。そういえば。

神楽坂kemuriで密会をやったときのバナナ。写真とってる時点で既に密会じゃないですが。
あの直後に話題にしてた件がタイミングよく炎上したのはびっくりでしたが、消火後は徐々に回復してきています。
ここの炭火で焼いたバナナはまじうま~。忘れられません。
Sumibi1 Sumibi2 Sumibi3 Sumibi4_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »