« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/27

朝食の大事さが身に染みる、食べ物の出どころの大切さがわかる

朝。
起きて30分以内に自分で野菜炒めと目玉焼きにたっぷりシリアルを用意しがっつりいただく。調子悪い時は風呂場で手足にお湯を流して振る。

夜。
お腹が空いていてもまず先にミネラル入りの風呂に浸かり、そのあとゆるんだ状態で夕飯。しかもあまり食べない。食べ終わりぼんやりした状態でそのまま就寝。すると翌朝は早朝に目が覚める。
このパターン。

これですわ。

友達にアドバイスもらい実行中だが、早起きしてまだ間もないころに、と言ってもがんじがらめに自分をコントロールするわけではないが、腹に調子をお伺いをたてながら、がっつり朝食を作り食べてから出かける。そんな日は夕方まで気分が持つし、仕事中頭に気が上りっ放しになりにくい。無意識の自分コントロールや自分の中でおいたて責め続ける声に負けない。その責めに対して待てる余裕が少し出るし、待ちながら自分の身体で微細な痛みや痺れに耐えられるくらいに体力がある。
逆に、適当に朝何か口にいれただけで出かけた日は昼過ぎから猛烈に眠くなったり、責めに負けて始終きつい状態になったり、集中力にかけて空回りする。
朝ごはんはつくづくすごい。

そして、なにを食べたかでそのあとの心と体の状態が変わる。

美味しくないものや食べなきゃと思って詰め込んだりすると、その食べたときの気持ちの通りに自分が食べ物に支配される。
農薬や添加物も、取り入れることによって体で感情を味わえなくしてるおおきな原因じゃないかな。その苦い味がする野菜も見分けつくようになった。

また気持ちのこもった腕の良いシェフのランチもわかるようになった。素材もそうだけど誰がどんな気持ちで作ったかが味になる。

人はつくづく、何を食べたかでできあがっている。

肉は嫌いじゃないけど、檻の中で一生太らされて飼いならされた肉を食べたら食べた人間もそうなるんだよ。肉には記憶が込められている。だからそんなのばかり食べてると奴隷みたいに会社の中で飼い慣らされ無気力になるんだ。

肉はのびのびとそだったのがいい。魚ものびのびした場所で取れたのがいい。どんなひとがどんな気持ちで獲ったかまで分かるともっといい。

管理されずにのびのび育ったワイルドな野菜がいい。化学肥料で無理やり太らされたやつじゃない、小さくても自然の生命力を持つ野菜がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08

高麗神社とアリサンカフェ

高麗神社とアリサンカフェ
天気に恵まれて目指したのは高麗川にあるはずのアリサンカフェだったのだが、高麗駅と間違えて降りたようで行き先を変更して高麗神社へ。また呼ばれたかな。

徒歩20分の道のりを歩いて行き、着いてみると年季の入った森。文化の香りを予感してテンション上がります。長野の祖父母宅ににた木の独特の香り。何人か総理大臣になる前の人がお参りにきていたようで出世にもよい神社とか。本堂もよかったですが、裏の文化財の家屋から続く立ち入り禁止の竹林への入り口、すごく気になりました。ここはいりたい!っと写真。

そこからgooglemapでナビしてもらいアリサンカフェへ。歩いて20分くらい。
巾着田の開けた土地では馬がいたり高麗川のせせらぎでキャンプやバーベキューしてる人たちも多く、天気に恵まれ最高な散歩日和。

カフェで頼んだベジバーガーは、サラダドレッシングが五臓六腑に染み渡る美味しさ。ここのシェフが作っているとのこと。料理全般で添加物が入ってない独特の食べたあとのあと味がさわやかで軽く、ほどよい量を適切に食べて精神も肉体も満足する感じ。

やっぱり身体を大事にする添加物なし農薬なしの食材の確保はマストだな。単品で割高に見えても間食費用かからなくなるし疲れも違うし、長い目で見て費用対効果が良さそう。

写真は、ベジミートに玉ねぎソテー、ナス炒め、人参スライスをたっぷりのバーガー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/04

上高地徳澤と猿の楽園と

上高地徳澤と猿の楽園と
上高地に入って雪解けのぬかるみをのんびり歩きながら二泊目に氷壁の宿徳澤園に泊まってきました。
文化の香り高い山小屋ならではの素晴らしい宿でした。特に地元で取れた有機無農薬食材をいい器でいただく夕飯は格別!家具など調度品もアンティークで雰囲気がある。
写真はバルコニーからみた景色。美しくてぼーっと眺めるのだけど寒さがそれ以上にきつくてじっとしていられません。

Sunpanel_3 Water Water2

太陽光自家発電で電力をまかなっているそうです。上はその電力で地下水をくみ上げてるらしい。音も静かで周りの自然と溶け込んでいていい感じ。

Lounge_2 Dinner Tenpura

夕飯は無農薬有機野菜など厳選素材を丁寧に使った美味しく十分な食事。特に感動したのは鮮度の高いふきのとうなど山菜の天ぷらと、アボカドとイクラの載った清水牧場のフワとろチーズ。このチーズは絶品。これはデザートであるべきです。

Sunset Yokoo

夕方6時過ぎでもまだ明るい。右は横尾方面へ続く梓川。日本人て山登りするのがすきなんじゃないかというほど数え切れない程たくさんの重装備の登山人たちが徳澤を通り過ぎて横尾方面に向かっていきました。

個室はミニマムな生活空間。その代わり廊下や踊り場やラウンジは広くいけばなや品のある調度品でゆとりがある空間に。自分としてはこれが参考になりました。ものが多すぎてマネージメントできてないので、何が必要でどういう収納システムがあればすっきりした状態で部屋で過ごせるのかのヒントとして。
まず丸盆一つお茶菓子セット用、次に60cm程の大角盆一つ着替え入れ用、そして一畳分の上半分押入れにふとん用で下はオープンスペース。さらに収納にもゆとりがあり半分くらいはスペースの状態。これなら頭はすっきりしますわ。

Morning

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒茶屋と秋山渓谷の川

黒茶屋と秋山渓谷の川
雨の上高地よりもよかった。
黒茶屋と秋山渓谷の川は最高でした。新緑のさわやかさといったらこの上ない。

冷たい川の流れた水に手足をつけること数えて一分、立ち上がるとふらつくほどすっきりと体の緊張の何かが溶けていった感じです。新緑の下で清流に手足を流したら天然のバイオプラズマが入ったのが体感的にわかった。威力がすごい。

黒茶屋は何度か遊びに行ってますが、こんどはゆっくり懐石料理でも食べたいなあ、豆腐がこってりとして濃くてとても美味しかったので。

下の渓流で石を立ててるお兄さんに遭遇。

Kurochaya_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

上高地についた

上高地についた
バスの疲れを癒しに上高地温泉ホテルに。自家源泉掛け流しにつかり、ケーキとコーヒー。係りのかたが上品で自然でいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »